ギャラリー | 伸ばして育てる絵画教室は、東京都荒川区のアトリエとろり

2019/02/20

節分 鬼の製作 人物のバランスの取り方

019E6D8D-426A-4C6B-BAEB-9A6FA00A6F11まだまだ寒い日が続く東京ですね。

2月という事で、幼児、小学生さんたちは鬼を描いています。

鬼というものは空想になりますが、

身体の作りはほぼ人間と同じ。もちろん違うところがあっても良いのですが、

脚が2本、手が2本、目があって鼻があって口があって…。

アトリエとろりでは絵の中に人物を描く課題がよくありますが、苦手な子が多いです。その理由はうまく描けないからがとても多いです。上手く描けない。それはなぜか?バランスが取れない…怖くなる…などなど。

人物はある位置にそのパーツがないとよく見るものであるからこそ、違和感を感じるからです。

人描くの嫌い!って言っていても、鬼は少しバランスが違っていても大丈夫!いろんな鬼がいて構わないんです。

今回は大きな紙に自分が乗っかり、自分の身体の形をとってから書き始めます。そこに、目や鼻、口、指、爪などなど細かく書いていきます。いつも苦手苦手と言ってた子、書いてみるとあら!ちゃんと人間ぽくなってます。実際いつも見ている人物ですが、見て書くのと、実際の形をとってだと、随分と感覚が違います。どのように腕や脚が繋がっている、胴と脚のバランスが改めてわかります。苦手と言っていた子でもそれが整えば、ある程度細かい部分はなんとでもなります。

 

国立、私立小学校受験絵画でも、この身体のバランスは非常に大事で、レッスンでは何度も何度もします。バランスさえわかれば、動きがある人が描けるようになるからです。3歳くらいだと、丸から手と足が出る手足人を書いている子どもが多いです。この自分の身体の形をとって描くというレッスンで、自分の形が紙に写されることに楽しさとこうなってるんだ!という発見。4歳、5歳くらいになると理解が生まれてきます。このような課題を何回かしてますが、初めてしてから数年経ってまたやってみると驚くほど、人の書き方に成長しているのがわかります。

 

今回は鬼の洋服を本物の布でパッチワークで作ろうとしているので少々時間がかかってます。

またみんなが出来上がり次第アップします。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
アトリエ とろり
http://atelier-torori.com/
住所:〒116-0002 東京都荒川区荒川1-36-6
TEL:03-6320-3218
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
まずは体験コースで。各クラス体験入学実施中です。